@Menlo Park
Menlo Parkより我が家の様子を随時お知らせ。
ブログをバックアップする
Weblog / 2006-05-23 03:34:51
goo ブログは大変にシステムも良く、リアルタイムプレビューには関心しますし、アクセスも早いし故障もしないし、日々感謝しているのですが、ブログのバックアップは一年のみ(永遠にデータを保存する訳にも行かないので、仕方無いと思いますが)。折角書いたものが無くなってしまっては淋しいので、バックアップ方法を研究してみました。いいツールが無かったら書いてやろう、と腕を拱いていたのですが、やっぱり既にありました。

WinHTTrack というツールで、ここでダウンロードできます:
http://www.httrack.com/

goo ブロガー達のために、これをどう使ってブログをバックアップするかについて書きます。goo でなくても応用可能だと思います。

・WinHTTrack をインストールする
・"project name" にプロジェクト名を入れる。例えば私の場合は "Menlo9-backup-200605"
・Base path を入れる。例:C:NaoBlog
・Nextボタン
・"Add URL" ボタンを押して、ブログのトップアドレスを入れる。例:http://blog.goo.ne.jp/menlo9/

(次のステップを行わないと画像が取り込まれないので、大事です。httrackは、トップアドレスからリンクを辿って行ってページを取り込むのですが、トップページ以下ではないURLは無視されます。画像フォルダはトップページの外にありますが、これを無視しないように、以下の設定をします。)
・ Set options ボタンを押し、Scan Rules セクションを選択。画像と絵文字の入っているフォルダを追加(+)します。

例(最初の一行はデフォルトで入っているので、変更しないで下さい):

+*.png +*.gif +*.jpg +*.css +*.js -ad.doubleclick.net/* -mime:application/foobar
+http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/*
+http://blog.goo.ne.jp/img_emoji/*

・OKボタン
・Nextボタン
・Finishボタン

これで C:NaoBlogMenlo9-backup-200605 フォルダにブログがコピーされます。このフォルダを ZIP してどこか安全な場所に保存しておけば完璧です。

何かご質問があればどうぞ。

コメント (0) | Trackback (0)
Baby Shower
Weblog / 2006-05-20 08:25:05
今日はランチに「彩蔵」という日本食レストランに朝キム氏と行き、未来のベビーシッターさん候補と食事。彼女は日本で幼稚園と保育園の先生をしていて、現在はcommunity collegeでchilde developmentを勉強中。友達のルームメートで、子供好きだし、職業柄、私達夫婦よりよっぽど子供のことを知っている。どうやら夏からたまにベビーシッターをしてもらえそう。彼女の時間だけでは職場復帰は無理そうなので、まだまだ探さなければ。

ちょっと遅めにオフィスに戻ったら、オフィスに人の気配なし。金曜日の午後だしなーと思っていると、同僚に外に誘い出される。会社の中庭に見覚えのある人々がいて、ひらひらの飾り等が見える。ああ、baby showerをしてくれるんだなーと思う。これsurpriseのはずだったが、私の同僚が間違って私にも "Surprise Baby Shower for Maki"というタイトルのメールを送ってきたので(でも中身は読まなかった)、いつかやってくれるんだなと心の準備はできていたが、まさか今日だったとは。やはり日時を確認しておいて、もっと派手な妊婦服を着てくれば良かったかも。

新旧の同僚に囲まれて、お花、カード、贈り物、ギフトカード等を頂く。


そして結婚式でもしなかったケーキカット初体験。




良い同僚に恵まれて幸せだなと思った金曜日の午後でした。産休突入まで頑張って働かなければ。
コメント (2) | Trackback (0)
眠れぬ夜
Weblog / 2006-05-18 08:15:04
妊娠、出産関連サイトや本を見ていると、妊娠後期になるとだんだん眠りが浅くなってくるとある。ホルモンの分泌の変化や授乳期間への準備を体が始めるためのよう。思いっきり疑っていたが、最近眠りが浅い日が週に数日あるので、これはどうやら本当のよう。

昨夜は夜中の3時半頃だろうか、寝返りをうったら目が覚めてしまう。そのまま眠れる日はラッキーなのだが、結局眠れずあれこれと考え事をしてしまう。最初に考えたのが、朝ごはんにパンを食べるべきか、オートミールを食べるべきか。そんなことを考えていたら頭がギンギンに冴えてしまい、5時半を迎える。せっかくなので、あと30分ほどして6時になったら外に散歩に出かけようと思っていたら、不覚にも寝てしまう。朝キム氏と一緒に起床。

ホルモンの変化で眠れなかったのか。もう一つ考えられるのは、昨夜の行動。夕食後に朝キム氏と久々に散歩に出て、前から気になっていたフローズンヨーグルトのお店の前を通りかかり、朝キム氏に一つ買ってもらう。これが日本のソフトクリームを思い出させるようでかなり美味しい。巨大なアイスを手にして(一応、ペテイートサイズです)喜び興奮する妊婦の私。この夜の興奮が良くなかったのかもしれない。やはり夜は安眠に備えて静かに過ごすべきなのか。でも美味しかった。
コメント (2) | Trackback (0)
寄付金の行方
Weblog / 2006-05-16 09:40:50
非営利団体の経営について、こういう文章を読んでしまいました。

http://www.fguide.org/Bulletin/nonprofit.htm

これによると、2000年くらい以降の傾向で、非営利団体の役員(CEOとかCFOとかCOOとかそういう)の給料がかなり高くなっている、との事。それが本当かどうか確かめるために、あちこち回って、私の寄付する団体二つについて調べてみました。

Plan USA:
http://www.guidestar.org/FinDocuments/2005/135/661/2005-135661832-01fc7a41-9.pdf (要レジスター)
お給料が高い順に、
CEO: $203K
Director of Marketing: $150K
VP: $141K
CFO: $116K
COO: $112K
VP: $111K

Red Cross:
http://www.charitynavigator.org/index.cfm/bay/search.summary/orgid/3277.htm
CEO: $416K

一般企業並に、とは言えませんが、やはり相当に高い。(大企業並では無いにしても、小さい会社並と言ってもいいかな?)そっかー私が寄付して来たお金のかなりの部分はこの人達の給料に回ってしまったのね、と思うと複雑な気持です。

どうも最近、Plan USA から来る手紙が妙にセンセーショナリズムに走っている所があって、そんなに金集めしたいのは何故か?と思っていたのですが、非営利団体とは言っても最近は結構お金にがめつくやってるのかもしれない。

有能なオフィサーを雇うためにはかなりの金額を積まないといけない、と良く言われるので、仕方ないのかもしれませんが、非営利団体の精神からは外れているような気がするんですが、どうなんでしょう。団体としては税金払ってないんだし、何となくおかしいような。

Red Cross に関して言えば、例えば Hurricane Katrina の災害援助金は、Red Cross が一括して扱うので、必ず Red Cross を通すように、というルールがあったらしく、Red Cross 以外には寄付できない、という事情もありました。この寄付金も、無駄な事にたくさん使われた、という批判が上がってました。

もうちょっと他の組織を捜して見よう、と決心した一日でした。
コメント (0) | Trackback (0)
母の日特集
Weblog / 2006-05-16 07:48:17
日曜日は母の日なため、新聞は様々な母親を特集しており、なかなか興味深い。仕事と子育てを両立している働く母特集を読んでみたが、皆さんそれぞれ苦労している。新聞では、「アメリカは子持ちの母親が働きにくい国の一つ」とあるが、日本とは比べ物にならないくらい、会社の柔軟性が高いと思う。また、新聞では女性の家事をする時間が男性よりも多いと大々的に(ちょっと責めるように)書いてあったけれど、アメリカのお父さん達は日本のお父さん達の数倍は家事と子育てに参加している。あくまでも男女平等を目指すのであれば、まだまだアメリカも改善の余地ありだけれど、いやー、日本に比べたらずっとましでしょう。

しかも、こちらだと妊娠イコール退職と人々が考えないので、私としても働きやすい。先日、日本からの駐在員の人に「今何ヶ月ですか?」と聞かれ、「8ヶ月ですけど」と答えたら、「ああそうですか、日本じゃそろそろ会社を辞める頃ですね」と言われて驚いた。そっか、やはり日本で妊娠したら私はもうこれで終りなのね、と思ったのでした。

この日はあまりの暑さに夏ばて気味になる。そこで、朝キム氏自らキッチンに立ち夕食の準備。筍の水煮があったので、筍ご飯、筍とわかめの味噌汁、鮭のお腹の部分を焼いたもの、トマト、アボガドとチーズのサラダ、そして大豆とひじきの煮物(これだけ私担当)の豪華な夕食となりました。


そして、とうとうアルコールフリーのビール購入!美味しい食事と冷たいビール、夏の夜はやはりこれでしょう。さっぱりしていて、それなりにビールの味がして美味しかった。
コメント (2) | Trackback (0)
久々の海
Weblog / 2006-05-15 14:52:13
快晴の土曜日。朝キム氏は朝からフットボールに出かけているので、私は家の掃除とご近所を散歩。近くのFarmers Marketへ立ち寄り、German Bakeryなるお店でパンを購入してみる。朝キム氏の姉(1番めのお姉さん)がドイツ在住であり、お店の人もお客も何やらドイツ語を話しているようだったので、これは本物かもと思い買ってみる。ゴマがまぶしてあるねじった形のステイックパン(サクサクしていて美味しかった)と卵が沢山入ったねじりパン(ブリオッシュみたいな味)を購入。ちょっと割高だけれど、とちらも美味しかった。真っ黒なパンもあり、次回はそれを食べてみたい。

夕方から久々にHalf Moon Bayへ出かける。前回来たのは朝キム氏の姉(2番目のお姉さん)夫婦が遊びに来たときだったので、11月下旬以来。海岸はさすがに肌寒かったが、天気が良くて非常に気持ち良い。ただ、砂浜を歩くのに息が切れて仕方がなかった。しばらく海をみてボーっとし、その後は近くの散歩道を散策。この辺も素敵な家が沢山建っているけれど、お値段的には我々が住むエリアより若干お安い様子(1億から2億円が相場らしい!)。皆さん、物凄いローン抱えているのだろうな、と想像するだけで恐ろしくなる(この頃金利が上がってローンが払えなくなって家を手放す人が増えているそうですが)。

海を背景に、「ちょっと良い男」風の朝キム氏。


日が長くなっているので、7時を過ぎてもまだ明るい。適度な疲れと週末の開放感で、私は料理する気力がゼロ。というわけで、サウスベイに戻って韓国料理を食べることに。お店はトーフなんとか。忘れてしまったけど、El Camino / Lawrence近く。以前、サンタクララ夫妻と行きました。

まず定番のトーフスープ。そして、珍しく豚肉の炒め物。これ、かなり美味。肉料理を食べるのは久々だったため、朝キム氏は張り切って食べる。小皿もかなり充実。朝キム氏、チャプチェお代わり。



これでビールが飲めたら言うことなしだったかもしれない。
コメント (3) | Trackback (0)
そういえばお誕生日
Weblog / 2006-05-13 03:00:32
少し前に誕生日を迎える。毎年恒例、会社からSee's Candyのチョコレート詰め合わせ(キャラメル系が多い)を頂く。が、妊娠中なので食べずにSeattleの朝キム氏の叔父さんへのお土産とする。candy好きの叔父さんに喜んでもらえるが、すかさずお隣の奥さんが「この人はcandyばかり食べていたから歯が全部なくなちゃったのよ」と攻撃。「なんで皆にばらすんだ」と恥ずかしがる叔父さんが可愛らしかった。

さて、母から誕生日プレゼントが届く。今年は妊娠しているから例年になく豪華版。私の母は高島屋に行くのが趣味なので、おそらく高島屋地下で買ってくれたのであろうと思われる母特選のクッキーやチョコレートマフィン等。どれもこれも美味しそう。やはり日本のお菓子は質が高い。

そして私がリクエストした日本の妊婦服。私は母のセンスに120%の信頼があるので、全てお任せ。どれも私の好みにピッタリ。もちろん、これも高島屋から。朝キム氏は派手だと驚いていますが。


やはり母娘、言わずとも伝わるものなのだなあと改めて思う。そう、私と母はとにかく色々な物の嗜好がとても似ている。まあ母に育てられたのだから、あたりまえかもしれないが。私は以前から、なぜか母の持ち物がどうしても欲しくなる。日本で一緒に住んでいた時、大体いつもパジャマはお揃い。年末日本に帰国したときはおそろいの靴を買った。母が毎年アメリカに遊びに来ると、彼女が着てきた服、サングラス(知っている方もいるかもしれませんが、紫のサングラス、現在は赤のサングラス)、バッグ等は私のところに置いて帰る。というのは、私が「それ可愛いね」としつこく言うらしく、母は「ちゃんと置いて帰ってあげるから安心しなさい」となる。7月半ばに母がアメリカに来ることになっているが、今年はさすがにこのお腹では母の洋服が着れないので、ちょっと残念。でもサングラスなら大丈夫か。

誕生日は平日だったので、朝キム氏とPalo Altoでトルコ料理のようなものを食べる。なかなか美味しかった。昨年の誕生日にはまだ結婚もしていなかったのに、1年後は結婚して妊娠していると思うと、感慨深いものがある。それにしても、時間の経つのはあっという間だな。

時間が遅かったので、ケーキの代わりにクッキーのジェラート添えを食べる。やはり最後は甘い物です。





コメント (2) | Trackback (0)
Weekends in Seattle - 2
Weblog / 2006-05-11 07:35:04
さてシアトル2日目。私はこの頃ちょっと眠りが浅いので早めに目が覚める(と言っても10時頃)。朝キム氏を起こすが、起きると同時に猫アレルギー再発。アパートの1階にあるスターバックスへ早速出かける。外の空気を吸うと、朝キム氏の猫アレルギーもだいぶよくなり、落ち着いてくる。スタバでほっと一息。とりあえずお昼過ぎまで時間があったので、2人でラテを飲みながら地元の新聞をのんびりと読む。なかなか贅沢な時間。



その新聞に、シアトルお勧めの1日観光ルートなるものが載っていた。やはりスタバ第一号点は外せないらしいが、「店はいつも混んでいるし、どこの店も同じ味なので、パッとみて他でコーヒーは買え」とのこと。なるほど、確かにそうです。

お昼はパイクマーケットの近くで朝キム氏の名古屋大学合気道部時代(高校のコーラス部から一転)のお友達ご家族と待ち合わせ。航空エンジニアのご夫婦だそうで、日本でグリーンカードを当てたという幸運の持ち主達。食べ物も美味しく、楽しいブランチとなる。



その後はマーケットをブラブラし、





鮭が上ってくるLocksという観光名所に連れて行ってもらう。が、大きな鮭が上るのにはまだ時期が早いらしく、今回は鮭の子供達を鑑賞する。朝キム氏、鮭の子供を見て鮭を食べる気満々となる。途中、かわせみのような鳥が子供鮭を食べていたが、「俺の鮭を食べるな」と言わんばかりにかわせみを責める。





夜は前回連れて行ってもらった日本食レストランに再び連れて行ってもらう。前回ここでサーモンのお寿司を食べ、朝キム氏、大感激。その味が忘れられず再び訪れる。お寿司が非常に美味しいお店だが、その他のお料理もどれも美味しい。私は迷わずクリームコロッケを注文。沢山食べました。

雨にも降られず楽しい2泊3日となる。次回は子供を連れて遊びにいきたいなと話している次第です。



朝キム補注:帰りはオークランド空港からでした(SFOやSJCに飛ぶより安いから)。帰り道、FremontのPho屋さんに寄って Pho Ga (鶏Pho)を食べて来ました。ダシがかなりおいしいし、鶏肉の質もなかなか。FremontのPho Long、四大Pho名店にリストされました。おめでとう!

コメント (3) | Trackback (0)
Weekends in Seattle - 1
Weblog / 2006-05-11 07:19:06
先週の土曜日から月曜日にかけて、姉(朝キム氏の3番目のお姉さん)家族を訪ねてシアトルへ。姉を訪ねてシアトルは2回目、個人的にはこれで4回目のシアトル訪問となる。飛行時間わずか2時間でシアトルに到着するので、体力的にもきつくない。



シアトル到着後すぐに、朝キム氏のお父さんの従兄弟にあたるご夫婦(日系アメリカ人)とも合流して中華ランチ。このご夫婦、確か91歳のご主人と85歳の奥さん。2人ともお元気だし何より頭が冴えていて(物覚えも素晴らしい)、驚いてしまう。とても面白く温かい感じのご夫婦で、楽しいランチとなる。どこの国にもこういう人っているのねーと思わせる面白い奥さん。レストランで大きな声で「以前このレストランで食べたときは化学調味料が使用されていたから、気分が悪くなったわよ」と店員に向かって容赦なく言う。でも話を聞いていると、「最後にここで食べたのは1980年代のことだったわ、お店の名前も今とは違う」という。じゃあこの店ではないのでは、と思うが、そんなことお構いなしに、注文するたびに「化学調味料なし、以前に気分が悪くなったんだから」を連呼する、なんとも愉快なおばさんでした。

その奥さんは元看護婦さんなだけあってか、とても気が利いて世話好きの様子で、ご主人の食事のサポートをこまめにしてあげていたのがとても印象的だった。その後、ご夫婦も姉のアパートへ行き一緒にお茶を飲む。アパートでも、ご主人用のコーヒーは私が淹れるわ、とキッチンに立っていた。



今回初めて姉の家で猫2匹とご対面。前回来たときはまだ日本にいた猫2匹達、BFのKD君と共に無事に渡米。シアトル生活にも適応している様子。妊娠中は猫との係わり合いに少し気をつけるようにと言われていたので、触らず眺めるだけとなる。私に猫アレルギーが出るのでは、出たらすぐにホテルに泊まろうと散々心配してくれた朝からキムチラーメン氏、結局アレルギーが出たのは彼の方でした。家の中でマスク着用、シャワーをこまめに浴びる、等の対策を取り、なんとか無事に2泊3日過ごす。



1日目はあっという間に過ぎ、夜になってUWAJIMAYAという大きな日本食スーパーに連れて行ってもらう。ミツワの3倍くらいの面積で面白い。が、焼酎の揃いが悪いのだそうです(姉談)。





コメント (1) | Trackback (0)
Kendall Charges The Mound
Weblog / 2006-05-04 07:04:15
また野球ネタです。

うちのチーム(Oakland Athletics)のキャッチャーは Jason Kendall と言って、給料が高い(イチロー並み)割に大して打たないので、あまり評判良く無いのですが、随所で素晴しいプレーをするので、私は結構好きです。

例えば去年の、素手でホームに滑り込んで来るランナーを止めた危険なプレーとか。これ、鉄のスパイクに素手で行ってますからねー。



ピッチャーがキャッチャーからの返球を落とした隙を突いてのホームスチール。これなんか玄人好みのするプレーだと思います。



そして昨日は、遂に乱闘をやらかしてくれました。相手のピッチャーが、内角球を投げた後、「肘出してわざと当たれば」みたいな事をケンドールに言った訳ですな。彼はときどきわざと球に当たる事で有名なので。それに対してケンドールは逆切れ。2メートルくらいある大男に飛びかかり、相手キャッチャーに止められるのもものともせず、相手を打ち倒してました。いいぞケンドール!



ちなみにこれで目が覚めたらしく、A'sは珍しく 10 点取って快勝。うちのチームは人柄が良くてのほほんとした人が多い(監督は元中日のメッカですが、この人も苦労人らしく穏かな人格者です)ので、たまにこういう人がいるといいと思います。

ところで、ケンドールは昔からこういう乱闘を時々してる人で、その相手の一人のケネディというのが、今 A's でチームメートとしています。彼のコメントが何となくぼけっとしてて面白かったのでどうぞ。

"It was kind of the same situation as today," Kennedy said. "No one really knew why it happened, but it was pretty similar. I threw a 1-2 fastball over the plate, and he leaned over and got hit by it. I told him, `Next time get out of the way,' and he came at me.

"When I was running out there today, I was like, `Hey, I've done this before with Jason.' But I was out of breath by the time I got there, so I wouldn't have been able to do much."
コメント (0) | Trackback (0)
<前のページ
 goo ブログ
gooID:
パスワード:
ログイン状態を保持する
ブログの作成・編集 ブログの作成・編集
 gooおすすめリンク
goo トップ
goo ブログ トップ
gooメール
THE BLOGGER'S NEWS
サッカー日本代表の軌跡

このブログを自分のRSSリーダーに登録して毎日チェックしよう!ブログをリーダで読む



携帯
携帯からもアクセス

QRコード使い方
QRコード対応携帯からアクセスできます